仮想通貨FX(ビットコインFX)とは? 仮想通貨FXができる取引所も紹介してみた

こんにちは、松葉です。

相変わらず、仮想通貨市場の乱高下が著しいですね。

この記事執筆時(2018年1月現在)では、ビットコインが120万円付近を上下しています。昨年末に大きく値を下げ、年明けから息を吹き返しえたと思えば、また大暴落して……、今後の動向が気になる市場です。

そんな中、注目を集めているのが、仮想通貨の値動きを利用したFX、すなわち「仮想通貨FX」です。

FXという言葉は広く知られているものの、実際はどんな投資なのか、知らない人も少なくないのではないでしょうか?

仮想通貨FXは儲かると言われていますが、果たして本当なのか。その点も踏まえて、今回は仮想通貨FXについて詳しく説明していきます。

仮想通貨FX(ビットコインFX)とは?

仮想通貨FXとは、名前から予想がつく通り「仮想通貨で行うFX」のことです。

普通のFXは、日本円と米ドルなど、異なる国の通貨のペアから形成される外国為替相場を利用した証拠金取引です。

証拠金取引とは、口座のお金を売買のたびに使うのではなく、売買の結果生まれた差額だけを口座のお金に反映させる取引のことです。

例えば口座に10万円預けて、ドルを3万円分買ったとします。3万円買ったのだから、口座の残高は7万円になる、と普通は思うかもしれませんが、証拠金取引の場合そうはなりません。口座の残高はまだ10万円のままです。

その後ドル円が上がり、持ってるドルが4万円になったとします。ここでやっと口座の残高が変動します。買ったときと売ったときの差額はプラス1万円なので、口座の残高は「10万円 + 1万円」で11万円になります。

要するに、証拠金取引では、「買い」や「売り」の注文を入れても、その決済注文を入れるまでは口座の残高は変わらないのです。証拠金取引において、あなたが口座に入れたお金は取引の担保として扱われます。そもそも証拠金とは担保のことです。

実際の取引画面では、「いま決済したら残高はいくらになりますよ」ということが、「資産評価額」や「余力」といった表現でわかるようになっています。

普通のFXについては大体こんな感じですが、仮想通貨FXも仕組みは全く同じです。

投資対象が外国の通貨から「仮想通貨」に変わっただけで、口座のお金が担保として機能し、決済するまで口座のお金が動かない点は普通のFXと変わりません。

仮想通貨FXは言い換えれば、仮想通貨を利用した証拠金取引なのです。

その他にも、仮想通貨FXについて知っておきたい特徴は大きく3つあります。

現物の受け渡しがない

仮想通貨FXは証拠金取引なので、仮想通貨の現物を持つことができません。つまり、仮想通貨FXで「買い」を入れても、実際に仮想通貨を持っていることにはならないわけです。

「じゃあ、新規注文から決済するまでの間は何を持ってるの?」という話になりますが、仮想通貨FXの場合、現物ではなく「ポジション」を持つことになります。

ポジションは別名「建玉(たてぎょく)」ともいい、決済されていない保有資産のことを指します。証拠金取引のような、現物のやり取りがない金融取引においてよく使われる言葉です。決済したポジションがプラスなら口座のお金は増え、マイナスなら減ります。

現物を保有しないということは、買った通貨をウォレットや他の取引所に移せませんし、その通貨を使って決済したりもできません。

もし仮想通貨の入出金を行ったり決済で使ったりする予定があるなら、仮想通貨FXではなく現物取引を選ぶべきです。

売却益だけを狙った売買しか予定がなく、現物を持つことにこだわらない場合のみ、仮想通貨FXが選択肢の一つに入ってくることでしょう。

スプレッドが実質的な手数料

ビットコインのスプレッド 購入価格と売却価格に6万円ほどの差がある image by bitFlyerの販売所

現物取引は注文のたびに手数料が何%か取られますが、仮想通貨FXは、そのようなことはあまりありません。

ただし、仮想通貨FXは購入価格と売却価格に微妙な差があり、それが投資家にとって実質的な手数料となっています。購入価格と売却価格の差のことを「スプレッド」といい、販売所にも同じような仕組みがあります。

販売所のスプレッドは最大7%とかなり広いのですが、仮想通貨FXは最大でも2%、低ければ0.01%ほどと、販売所と比べれば良心的です。

表記ゆれが多い

仮想通貨FXは表記ゆれとして、以下のような呼ばれ方もあります。

  • 仮想通貨証拠金取引
  • 仮想通貨レバレッジ取引
  • 仮想通貨CFD

また、取引所によっては、独自の商品名を付けていることがあるので更にややこしいです。

  • ビットフライヤー:Lightning FX
  • ザイフ:Air FX
  • ビットポイント:ビットポイントFX

仮想通貨が生まれても間もない市場だからだと思いますが、統一感が全くありませんね。念のためもう一度言っておきますが、どれも仮想通貨FXのことを指す言葉です。

仮想通貨FXのメリット

仮想通貨FXは、現物取引にはないメリットがあります。具体的には以下の2点です。

  • 売りから入る取引ができる
  • 元手となる資金よりも大きな金額の取引ができる

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

1. 仮想通貨の値段が下がっても利益を上げられる

仮想通貨FXの大きな特徴として、「仮想通貨の値段が下がっても利益を上げられる」というものがあります。

なぜなら仮想通貨FXでは、安く買って高く売る取引の他にもう一つ、高く売って安く買い戻すという取引もできるからです。

専門用語で買いから入る取引をロングといい、売りから入る取引はショートといいます。よく登場する言葉なので、覚えておくといいでしょう。

現物取引の場合、新しい取引をはじめるときは買い注文からしか入れません。つまり仮想通貨FXなら、注文できるチャンスが現物取引の2倍あることになります。

少し話は逸れますが、仮想通貨FXは「新規注文を入れると同時に、利食いと損切り注文も入れておく」というような、トレードを半自動化する注文もできます。そういった点も含め、現物取引と比べ仮想通貨FXは色々と柔軟性の高い取引が可能なのです。

2. 元手となる資金よりも大きな金額の取引ができる

仮想通貨FXは、元手となる資金より大きな金額の取引ができます。そのような取引を「レバレッジをかける」といいます。

例えば、口座に預けたお金が10万円でも、レバレッジをかければ20万円分の取引が可能だったりします。この場合は、元金に対して取引額が2倍なので、「レバレッジ2倍」ということになります。

説明だけではレバレッジのすごさが伝わりづらいので、現物取引と比較した例え話を用いてみます。

現物取引の場合ビットコインの価格が「1BTC=100万円」のとき、あなたは10万円で0.1BTCを買いました。そのあとビットコインが上がり、1BTC=105万円になったタイミングで、持っていたビットコインを売りました。結果、5千円の売却益を得られました。
仮想通貨FXの場合ビットコインの価格が「1BTC=100万円」のとき、あなたは自己資金10万円に対して、10倍のレバレッジをかけて1BTC買い注文を入れました。そのあとビットコインが上がり、1BTC=105万円になったタイミングで、売り注文を入れました。結果、5万円の売却益を得られました。

いかがでしょうか?

両パターンとも自己資金は10万円ですし、1BTC=100万円のときに買って1BTC=105万円のときに売った点も共通しています。それにもかかわらず、仮想通貨FXで得られた売却益は現物取引の10倍もあります。これがレバレッジのパワーです。

ただし、注意しなければいけない点もあります。レバレッジは爆益が期待できる反面、爆死の危険性も高いのです。

先ほどの例え話では予想通り値段が上がったので良かったですが、もし予想に反してビットコインが「1BTC=95万円」に下がってしまったら、現物取引なら5千円の損で済むのに対し、仮想通貨FXだと5万円も損をすることになります。

レバレッジをかければ資金効率がよくなるのが確かですが、使い方を誤れば一瞬で資金が溶けることもありえます。このことから、しばしいばレバレッジは「もろ刃の剣」に例えられます。

レバレッジ取引は、リスクを十分に理解した上で行いましょう。

仮想通貨FXのデメリット

当然ですが、仮想通貨FXはメリットばかりではなく、デメリットもあります。世の中、そんな甘くないってことですね。

具体的には以下の2点です。

  • ロールオーバー手数料(金利)がかかる
  • 強制ロスカット、追証という仕組みがある

では、詳しく見ていきましょう。

1. ポジションを放置するとロールオーバー手数料がかかる

ロールオーバー手数料とは、日をまたいでポジションを保有し続けるとき、投資家が取引所に支払う金利を指します。要するに、ポジションを決済せずに放置すると手数料がかかるというわけです。

現物を持つことができないという特徴も相まって、仮想通貨FXは中長期取引にあまり向きません。その代わり、ロールオーバー手数料は、ポジションをその日の内に決済すれば発生しないので、短期取引をする人にとってはあまり関係のないデメリットといえます。

ちなみに取引所によっては、ロールオーバー手数料ではなく、「スワップ手数料」「レバレッジ手数料」といった言葉を用いていることもあります。

2. 追証と強制ロスカットという仕組みがある

仮想通貨FXには、追証(おいしょう)強制ロスカットという仕組みがあります。

どちらも投資家の損失が膨らみ過ぎないように取引所側からコントロールする仕組みのことで、具体的にはこんな感じです。

  • 追証:証拠金維持率が一定値を下回ったときに、取引所側が投資家に追加の証拠金を求める仕組み
  • 強制ロスカット:含み損が一定値を超えたポジションを、取引所側が強制的に決済する仕組み

もっと噛み砕いて言うなら追証は警告で、一方、強制ロスカットは安全装置のようなものです。

追証と強制ロスカットが起きると投資家にとっては損になるので、これを良いと感じる人は少ないと思います。しかし、この仕組みがなければ、今ごろ多くの仮想通貨FXトレーダーが相場で大損していたことでしょう。

具体的にどのラインから追証や強制ロスカットが起きるかは取引所によりけりですが、レバレッジをかけすぎたり、注文を入れすぎたりしなければ、中々起こるもではありません。

これは仮想通貨FXに限らずトレード全般に言えることですが、そもそも大切なのは余裕を持って取引を行うことです。

ちなみにですが、強制ロスカットはほぼ全ての取引所が対応しているのに対し、追証に関しては取引所によってアリ・ナシが分かれます。取引所選びの際には、追証・ロスカット周りの仕組みについて、しっかり調べておきましょう。

仮想通貨FXをするのにおすすめな取引所は?

仮想通貨FXについて色々と解説してきましたが、百聞は一見にしかず、仮想通貨FXは実際にやってみないと分からないことも結構あります。

というわけで、ここまで熱心に記事を読んでくれたみなさんのために、仮想通貨FXをするのにおすすめな取引所を5つ紹介しようと思います。

取引所名 仮想通貨FXの取扱通貨 最大レバレッジ 特徴
GMOコイン ビットコイン 5倍 スプレッドが狭い!
bitFlyer ビットコイン 15倍 業界最大手。流動性が高く、サーバーが強い!
Zaif ビットコイン 25倍 ロールオーバー手数料が受け取れる場合も!
BITPoint ビットコイン 25倍 MT4が使用可能!
DMM Bitcoin ビットコイン
イーサリアム
ネム
リップル
ライトコイン
イーサ クラシック
ビットコインキャッシュ
5倍 アルトコインのレバレッジ取引が可能!

GMOコイン

image by GMOコイン

GMOコインの特徴は、なんといってもスプレッドにあります。

多くの取引所は、スプレッドがパーセンテージ表記になっており、変動の仕方も流動的です。一方、GMOコインの場合は5,000円、2,500円といった感じで、価格固定となっており、変動の仕方も段階的な感覚に近いです。

しかも、GMOコインはスプレッドが最大で500円という破格の狭さです。2017年12月までは300円と現在より安かったですが、それでも業界で最も安い水準に入ると思われます。

取引コストを極限まで抑えたいなら、GMOコインを選んで間違いありません。

bitFlyer(ビットフライヤー)

image by bitFlyer

ビットフライヤーは日本最大手の仮想通貨取引所です。

損害保険に2種類加入しており、会社概要を見る限り資本も潤沢なので、今回紹介する中では、最も安全度が高そうといえる取引所です。

仮想通貨FX的な特徴はありませんが、ユーザー数が多いため流動性が高く、その割にサーバーが落ちることは少ないため、「注文が通らない」「サーバーが落ちて取引できない」といったストレスは少ないです。

爆益を狙いつつ取引所の堅牢性も重視するなら、ビットフライヤーでの仮想通貨FXがおすすめです。

Zaif(ザイフ)

image by Zaif

ザイフはロールオーバー手数料がもらえることもあるのが特徴です。

上手くやれれば、ポジション放置でみるみる含み益が増えることもあるわけですね。中長期的なアプローチも視野に入る仮想通貨FXができるのは、ザイフだけでしょう。

どのような場合でロールオーバー手数料がもらえるかは、詳しく書くと長くなってしまうので、公式サイトにアクセスして確認してみてください。分かりやすく説明してくれています。

BITPoint(ビットポイント)

image by BITPoint

BITPoint最大の魅力といえばFXトレーダー御用達のトレードツール、「MT4」が使用可能な点です。

MT4は「MetaTrader4(メタトレーダー4)」の略で、最高峰のトレーディングプラットフォームです。テクニカルインジケーターや自動売買プログラムを作成することで、自分だけのトレードルールを構築できます。

もちろん「MT4」だけではなく、他の取引所と同じようにビットポイント独自の取引ツールもあります。

預けた資産はビットポイントの固有資産と区分管理され、信託受託者(日証金信託銀行)へ信託されます。そのため、仮にBITPointがマウントゴックスの様に破綻したとしても、日証金信託銀行から受益者代理人(弁護士など)を通じて、資産が返還されることになります。

すでに実績のあるシステムを使うことができ、保証も充実しているという点は非常に魅力的な取引所ですね。

DMM Bitcoin

image by DMM Bitcoin

DMM Bitcoinはアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)でのレバレッジ取引が可能です。

他の取引所は基本的にビットコインしかレバレッジ取引ができませんが、DMM Bitcoinではイーサリアムやリップルをはじめとする、6種類のアルトコインでレバレッジ取引が可能です。

ビットコイン以外での仮想通貨FXを始めたいとお考えなら、迷うことなくこの取引所での口座開設すべきです。

また、DMM Bitcoinでは様々な手数料が無料です。

あくまでキャンペーン期間中での手数料無料なため、他の取引所と同様に、いつ有料になるかはわかりません。ただ現状は入出金手数料、取引手数料が無料となっています。中でも、クイック入金の手数料が無料なのはDMM Bitcoinだけです。

まとめ

今回は仮想通貨FXについて書きましたが、いかがだったでしょうか?

レバレッジをかければ、少ない資金でも爆益を狙えるのがお分かりいただけたと思いますが、それと同時に忘れてはいけないのがリスクです。

前述の通り、レバレッジはハイリスクハイリターンな取引です。リスク管理を欠かさず、なるべく余裕を持った取引をしましょう。また、取引に慣れるまではノーレバレッジで取引したり、デモトレードで練習しておくのも一つの手段です。

仮想通貨は発展途上の市場で、今後も更に市場が拡大していくと考えられます。興味があるなら、無理のない程度に挑戦してみてくださいね。

※ 本記事に記載されている仮想通貨、および仮想通貨取引所の情報は記事執筆時点(2018年1月)のものです。

まだ仮想通貨"ガチホ"してるの?
本物の投資を学びたいあなたにおすすめする
仮想通貨コミュニティ「ZIYUU」

仮想通貨の乱高下に疲れていませんか?200人の仲間たちと共に、ガチホやICOなどという”運任せ”ではない「本物の投資」を学びましょう。

仮想通貨コミュニティ「ZIYUU」なら、仮想通貨の値段が上がっても下がっても利益を出せる仮想通貨のトレードノウハウを学ぶことができます。