仮想通貨は現物でもFXでも24時間365日取引できる! 土日祝は仮想通貨で副収入をゲット!

こんにちは。桜井です。

仮想通貨FXって24時間365日取引できるんですけど、これって何気ないように見えて、すごいことですよね。

FXは24時間取引できるものの、土日祝日は取引できませんから、サラリーマンだと、平日の少ない時間を空き時間を割いてトレードしなければいけません。株なんて平日の昼間しか取引できませんから、もっと条件がキツくなります。

その点、仮想通貨ならFXでも現物でも24時間365日取引できちゃいます。特に短期トレードをしている人にとって、これは大きなメリットのはずです。

というわけで今回は、何気ないように見えて実はすごい「仮想通貨FXが24時間365日取引できることのメリットと注意点」について書いてみました。「仮想通貨FXをこれからはじめてみたい」という人に向けた内容にもなっているので、ぜひ参考にしてみてください。

そもそも仮想通貨FXってなに?

仮想通貨FXとは、仮想通貨の証拠金取引を指します。実は定まった呼び方が特になく、表記ゆれとして、「信用取引」「レバレッジ取引」「仮想通貨CFD」などがあります。

現物取引と違って、レバレッジをかけた取引ができることと、ショートができることが仮想通貨FXのメリットであり、リスクでもあります。

ハイリスクハイリターンな仮想通貨FXですが、「脳死ロングで億いった(何も考えずに「買い」注文入れたら億稼げた)」という声もあがるほど、夢のあるトレード対象です。

ちなみに、こちらの記事で仮想通貨FXが可能な取引所についてまとめてあります。興味がある人は参考にしてみてください。

なんで仮想通貨は24時間365日取引できるの?

取引時間が24時間365日というのは、仮想通貨FXに限らず、現物取引でも同様です。というより仮想通貨自体、24時間365日取引可能な仕組みとなっています。

なぜなら、株式や法定通貨が中央集権的な管理体制なのに対し、仮想通貨はインターネット上で不特定多数の人々に分散管理されているからです。

株やFXの場合、土日祝日は証券会社と銀行がお休みなため、平日しか取引できません。仮想通貨は証券取引所や銀行といった第三者による管理ではなく、インターネット上にいる不特定多数の人が仮想通貨の管理にあたるため、24時間365日取引が可能なのです。

あえて言うなら、仮想通貨の取引ができなくなるときは、インターネットという仕組みがなくなるときと言えるでしょう。

24時間365日取引できることのメリットと注意点

仮想通貨FXの取引時間は24時間365日という特徴は、他の金融商品にはない大きなアドバンテージです。基本的にはメリットとして捉えて良いと思いますが、初心者は注意すべき点もあります。

それでは、メリットと注意点について、見ていきましょう。

メリット

1. どんな生活スタイルでも空き時間に取り組める

サラリーマン、OL、自営業、フリーター、専業主婦(主夫)、学生、あるいは年金受給者など、どんな生活スタイルの人でも空き時間さえあれば取り組めるというのが、24時間365日取引できることのメリットです。

例えばサラリーマンなら、出退勤の空き時間や暇な土日も、お金を稼ぐための生産的な時間に早変わりするというわけです。

24時間365日という話からは逸れますが、仮想通貨取引所の口座開設は、証券口座を開設するよりも難易度が低いです。その点も、他のトレードより仮想通貨取引が取り組みやすいというメリットにつながっています。

2. スキャルピング・デイトレードがしやすい

「FXはなんで土日祝日に取引できないんだ! 休日もスキャル、デイトレでみっちり稼ぎたいのに!!」

こう思う人は結構、多いと思います。その点、仮想通貨FXなら土日祝日も24時間取引できるので、一日中トレードして稼ぎまくるということも可能です。

取引所によってはマイナス金利(トレードする人がもらう金利)をキャンペーン的に導入しており、「取引すれば取引するほど稼る」なんていう美味しすぎる話もあります。

「特に趣味がなくて、なんか探してる」という人は、お金がかかる趣味ではなく、お金になる趣味として仮想通貨スキャル・デイトレ始めるのもアリでしょう。

3. 利益を生むチャンスも24時間365日ある

24時間365日取引できるということは、利益を生めるチャンスが24時間365日あるということになります。どんな人にも平等に稼げるチャンスがあるのは、仮想通貨FXの良い点ですね。

注意点

1. 予想外の損失を被る可能性がある

24時間365日価格変動しているということは、値動きが監視できないときに予想外の損失を被る可能性があるということです。例えば、「寝る前に建てたポジションが、朝起きたらものすごい含み損を抱えてた」とかは、ありがちなパターンです。

そういったリスクは、仕事や睡眠の前はポジションを持たない、あるいは、持っておく場合は指値注文を入れておくなどの対策で、ある程度は軽減できます。

なんにしても、仮想通貨の短期トレードは、まとまった時間があるときに取り組むのが無難でしょう。

2. 値動きがいつも気になってしまう

初心者にありがちなことなのですが、仮想通貨FXを始めると、いつも値段が気になるという現象に陥りがちです。精神的に追い込まれるのはもちろん、ひどければ周りに迷惑を掛けてしまう可能性もあります。

値段が気になるばかりについ歩きスマホをしてしまったり、大事なデートのときも考えてしまうのは仮想通貨のこと……、できればこうはなりたくないものですが、始めたばかりの間は致し方ないと受け止めることも求められるかもしれません。

指定価格で通知するアラーム機能や指値注文などを活用し、意図的にチャートを見ないようにする対策をして、乗り越えていきましょう。

3. 取引所のサーバーメンテナンス中は取引できない

仮想通貨そのものは24時間365日取引できるものですが、取引を介する取引所がサーバーメンテナンスをしている間は、その取引所で仮想通貨FXをすることはできません。

サーバーメンテナンスは短ければ数十分で終わりますが、長ければ数時間に及ぶこともあります。最悪のケースは、アクセスや注文が集中しすぎてサーバーがダウンした場合ですね。このときは、サーバー復旧の目処が立つまで取引不可の状態になります。

取引所はできるだけサーバーが強そうなところを選び、万が一のため、資金やコインを複数の取引所に分散して管理しておくというのも、一つの手です。

仮想通貨FXは「ビットフライヤー」がおすすめ!

ビットフライヤーは、日本の仮想通貨取引所の中でトップクラスのユーザー数と取引量を誇ります。2種類の損害保険を契約しており、顧客資産の安全管理に努めている姿勢が高評価ですね。

ビットコイン取引量が日本一なのにも関わらず、サーバーダウンがあまりないのも良い点です(たまに注文が通りにくくなることはあります)。

最大レバレッジは15倍と、比較的高めに設定することができますが、慣れないうちは低いレバレッジか、ノーレバレッジで取引するべきでしょう。

公式サイトはこちらからアクセスできます。

ビットフライヤー|公式サイト


Warning: extract() expects parameter 1 to be array, string given in /home/factorfactor/kasotsuka.org/public_html/wp-content/themes/simplicity2/lib/custom-cta.php on line 103