ホットウォレットとコールドウォレットとは? 上手に使い分けて仮想通貨を安全に管理しよう!

こんにちは。桜井です。

2018年1月26日、仮想通貨の世界にマウントゴックスに匹敵するか、それ以上のインパクトを与えた事件が起こりました。

日本の仮想通貨取引所の大手、「コインチェック」から580億円相当のネムが流出したアレです。

流出の直接的な原因はネムの方ではなく、コインチェックの内部体制にありました。しかし、投資家はどうしようもなかったといえば、そんなことは全然ありません。

日々、情報収集とその精査を行なっていた投資家は事前に「コインチェックはやばい」という情報をキャッチし、他の取引所や、取引所外のウォレットに資産を逃していたことでしょう。

特に後者の保管方法は、今回の事件で非常に注目を浴びることになりました。

というわけで今回は、仮想通貨の保管方法であるホットウォレットコールドウォレットについて書いてみようと思います。それに加え、どの方法で保管するのがおすすめかということについても買いていきたいと思います。

「コインチェックの一件で仮想通貨の管理を見直したいと思った」「ウォレットに関する基礎的な知識を身に着けたい」という人は、ぜひ最後まで読んでみてください。

そもそも「ウォレット」とは?

他サイトやSNSを見る限り、ウォレットについて割りと多くの人が解釈を間違っていそうなので、ここでハッキリさせていきましょう。

ウォレットで管理されているのは、「アドレス」と「秘密鍵」です。

この説明を聞くと、「ん? 仮想通貨ではなくて??」と思うかもしれませんね。

確かに、ウォレット(Wallet)は日本語で「財布」と訳せるため、言葉のイメージから「ウォレットには仮想通貨が入っている」と連想してしまうのは仕方ありません。

しかし、アドレスと秘密鍵が管理されていることを踏まえて言うなら、「ウォレットには銀行口座の番号と、口座のお金にアクセスするための暗証番号が管理されている」というイメージの方が正しいです。

まあ、「仮想通貨が入っている」という解釈も結果的には間違ってませんが、ウォレットによっては振る舞い方がそう見えるだけです。厳密には、「管理されているのはアドレスと秘密鍵」ということをしっかり覚えておきましょう。

「ホットウォレット」と「コールドウォレット」

ウォレットには、「ホットウォレット」と「コールドウォレット」の大きく分けて2種類があります。

両者の根本的な違いは、インターネットにつながった状態で秘密鍵を管理しているかどうかにあり、実際に利用する上では、送金のリアルタイム性やセキュリティ性の違いがポイントになってきます。

では、ホットウォレットとコールドウォレットについて、それぞれ詳しく説明していきます。

ホットウォレットとは?

ホットウォレットとは、オンラインで秘密鍵を保管するウォレットのことです。

パソコンにインストールするタイプの「デスクトップウォレット」、スマホにインストールするタイプの「モバイルウォレット」、オンラインサイトに登録するタイプの「ウェブウォレット」の3種類があります。

トレードや決済など、リアルタイムな仮想通貨の送受金が求められるときに便利です。また、扱いが簡単というメリットもあります。

その一方で、サイバー攻撃に弱いという致命的なデメリットがあり、ウォレットの脆弱性を突かれると、仮想通貨をごっそり盗まれてしまう危険があります。

コールドウォレットとは?

コールドウォレットとは、オフラインで秘密鍵を保管できるウォレットのことです。

物理的な実体(紙とか)に暗号化した秘密鍵とアドレスを印字するタイプの「ペーパーウォレット」と、USBデバイスのような「ハードウェアウォレット」の2種類があります。

基本的には仮想通貨の長期保管で活用されるもので、トレードや決済などのリアルタイムな送受金が求められる場面では不向きです。

その代わり、秘密鍵がインターネットに晒されないので、サイバー攻撃の心配はほぼなくなるのが大きなメリットです。

ホットウォレットの種類

マイニングができる「デスクトップウォレット」

デスクトップウォレットとは、パソコンにインストールして使うホットウォレットです。

最大の特徴は、完全版のデスクトップウォレットなら仮想通貨のマイニングに参加できる点です。しかし、ソロマイニングの難易度はかなり高いため、これがメリットと思える人はごく一部に限られるでしょう。

デメリットとしては、「パソコンに入れて使うため持ち運びにくい」「扱える通貨は基本的に一種類だけ」などが挙げられます。

もはや「デスクトップウォレット使う意味ない」ぐらいの勢いで書いてしまいましたが、アルトコインの場合だと、公式が開発したデスクトップウォレットを使うことではじめて真価が発揮されることもあります。

そのような特別なケースでは、むしろデスクトップウォレット以外の選択肢がないということになりますね。

参考までに、代表的なデスクトップウォレットをまとめてみました。

ウォレット名 対応通貨 特長
Electrum BTC マルチシグ、コールドウォレット化機能がある
bitpay BTC
BCH
スマホアプリ版とマルチシグ機能がある
Bitcoin Core BTC マイニングができる
MyEtherWallet ETH
ETC
ハードウェアウォレットと連携できる

持ち運びに便利な「モバイルウォレット」

モバイルウォレットとは、スマホタブレットなどの携帯端末にアプリをインストールして使うホットウォレットです。

特徴はなんといっても、持ち運びやすく、決済で使いやすいという点でしょう。「最も仮想通貨をお金っぽく使えるウォレット」といえるかもしれません。

ホットウォレットなため、サイバー攻撃のリスクがあるのはもちろんですが、それとは別に「何らかの理由でスマホが使えなくなった場合(失くしたり壊したり)、ウォレットにもアクセスできなくなる」というリスクもあります。

つまり、万が一の事態には、二度と仮想通貨を取り出せなくなることもありえるのです。モバイルウォレットを利用する際は、「秘密鍵のバックアップを作っておく」ことを徹底しましょう。

参考までに、代表的なモバイルウォレットを2つ紹介します。

ウォレット名 対応通貨 特長
Bread Wallet BTC 登録、サインアップ不要で使える
Blockchain BTC,ETHなど、20種類の通貨に対応 対応通貨が多い

使い勝手はピカイチな「ウェブウォレット」

ウェブウォレットとは、オンラインサイトに登録することで使えるようになるホットウォレットです。イメージしやすいところでは、ビットフライヤーやGMOコインなどの仮想通貨取引所が挙げられます。

ウェブウォレットの特徴は、「セキュリティ管理の手間がほぼ無い」「いつでも好きな端末からウォレットにアクセスできる」など、使い勝手の良さが主になります。

その反面、ホットウォレットの中で最もリスクの高い秘密鍵の管理方法でもあります。なぜなら、ウェブウォレット保管には、常に破綻リスク盗難リスクがつきまとうからです。

取引所が「うちは9割コールド保管です!」と主張していても、本当にコールド保管なのか確認する術はないですし、それとは関係なく財務上の理由で破綻することもありえます。

また、「取引所に仮想通貨をおきっぱなしにする=秘密鍵の管理を他人任せにする」ということになるので、取引所の人間がその気になれば、顧客の仮想通貨を盗めてしまうということにもなります。

以上のことから、ウェブウォレットで大量の仮想通貨を保管するのは、あまり得策ではありません。保管するなら、失くなっても痛くない程度の量に留めるべきです。

コールドウォレットの種類

セキュリティ面は最強な「ペーパーウォレット」

ペーパーウォレットの一例

ペーパーウォレットとは、紙などの電子機器でない物理的な実体にアドレスと秘密鍵を印字しておくコールドウォレットのことです。

名前には「ペーパー」とありますが、物理的な実体ならなんでも良いので、例えばプラスチックのカードに印字されたものでもペーパーウォレットと呼べます。

ペーパーウォレットの特長は、作成と保管を全てオフラインで行うことができるため、サイバー攻撃に強いということです。

その代わり送金の際には、一旦ホットウォレットに秘密鍵を入力するというステップが挟まるため、手間がかかります。

まあ、ペーパーウォレットだったら、わざわざインターネットを通さずに直接手渡すという選択肢もあります。想像すると、小切手みたいでカッコいいですね。

デメリットはモバイルウォレットと少し似ており、紛失したり劣化したり(インクが取れる、水濡れするなど)など、万が一の事態にバックアップがなければ秘密鍵が取り出せなくなります。

このため、保管の際には失くさないようにする対策や、できるだけ劣化しないようにする保管方法を考える必要があります。そもそもペーパーウォレットの存在自体を忘れないようにするのも大事です。

色々と手間がかかるペーパーウォレットですが、サイバー攻撃の可能性を限りなくゼロに近づけられる最強セキュリティを求めているなら選択肢としてアリです。

参考までに、ペーパーウォレットを作るのに必要な印字データは、「bitaddress.org(外部サイトへ飛びます)」というサイトで作ることができます。サイトのソースをダウンロードすれば、オフライン環境で作成することも可能ですよ。

コールドなのに便利「ハードウェアウォレット」

代表的なハードウェアウォレット「Ledger Nano S」

ハードウェアウォレットとは、USBデバイスのような電子機器に秘密鍵を保管するタイプのコールドウォレットです。

ハードウェアウォレット最大の特徴は、コールドウォレットでありながら紛失や故障など、万が一の事態に強い点です。仮にハードウェアウォレットを壊してしまっても、同じ機種の別の機器でパスコードと秘密の合言葉を入力すれば、秘密鍵を復元できるようになっています。

また、送金のときはパソコンやスマホ(Androidのみ)に接続して暗証番号を入力すればOKという手軽さ。コールドウォレットにしては色々とできる子ですね。

使用の難易度はそこそこ高いので、使いこなせるようになるまで少し苦労すると思いますが、そこを通り越してしまえば、ハードウェアウォレットはコールドウォレットと思えないぐらい便利なウォレットです。

参考までに、代表的なハードウェアウォレット2種を簡単に紹介します。

ウォレット名 対応通貨 特長 メーカー公式サイト
Trezor BTC,ETH,XRPなど、全15種類の通貨に対応 価格が安い Official TREZOR Shop
Ledger Nano S BTC,ETH,XRPなど、全27種類の通貨に対応 対応通貨が多く、送金手数料が安い Ledger NanoS

僕もハードウェアウォレットは使ってます。僕が持っているのは後者のLeger Nano S(レジャーナノS)。Trezer(トレザー)ではなくこちらを選んだのは、対応している通貨の種類が多いからです。

Leger Nano S対応通貨一覧 image by Leger Nano S公式サイト

あとは送金手数料が安いのも大きいですね。Trezerの方がハード自体は安いですが、総合点でTrezerを選びました。

ちなみに、もしあなたが今後ハードウェアウォレットの採用を検討しているのであれば、購入は必ずメーカー公式サイトから行うようにしましょう。Amazonや楽天、フリマアプリなどからの購入は、悪意のある出品者がウォレットに改造を施しているケースがあり、とても危険です。

ホットウォレットとコールドウォレットの使い分け

仮想通貨を扱いやすい状態で保管できるホットウォレットと、扱いにくくはなるけどセキュリティ性の高いコールドウォレット、一体どっちをどう使い分けるのがよいのでしょうか。

少し想像してみてほしいのですが、あなたは財布にどのくらい現金を入れますか?

2万円くらいですか? それとも10万円?

いずれにせよ、財布に入れる現金は「その日使う予定がある程度の金額」か、「失くしても痛くない程度の金額」とかではないでしょうか。

財布に入れてないお金は銀行預金だったり、金融資産や固定資産に替えたりしてるはずです。自分の全資産を財布にいれて持ち運ぶ人は、あまりいないでしょう。

ホットウォレットとコールドウォレットの使い分けも、その考えを当てはめれば良いと思います。つまり、失くなっても困らない分はホットウォレットで、失くなったら困る分はコールドウォレットで保管するといった具合です。

ホットとコールドの割合は、実際に試していきながら自分のスイートスポットを見つけてもいいし、上手くやってる仮想通貨トレーダーのやり方を参考にしてみてもいいと思います。

僕の場合はコールド7、ホット3くらいの割合を維持してます。「下がったときに売って底値で買い直し」を繰り返して通貨を少しずつ増やし、コールドに移すというのが僕のルーチンなので、このぐらいがちょうどいいですね。

とはいえ、「超絶握力でガチホして目標金額まで絶対に決済しない!!」というなら全部コールド保管がベストですし、逆に短期トレードしかしないなら、現物を持つ期間が短くなるのでコールドウォレットは必要ありません。

結論、自分のスタイルに合った使い分けをしていくのがベストってことですね。

ちなみに、ネム財団が「コールド95%、残り5%はホットという割合が理想」と発言していることは有名ですが、あまり真に受けなくてもいいと思います。「それほどホットウォレットの保管はリスクが高い」と受け止めるくらいがちょうどいいです。

まとめ

今回はホットウォレットとコールドウォレットについて紹介しましたが、いかがだったでしょうか? 今回の記事を通して、便利さとセキュリティの間には、常にトレードオフな関係があるということが分かっていただければ幸いです。

マウントゴックスやコインチェックのような流出事件は、いつ起こってもおかしくありません。ウォレットの使い分けは面倒に思えますが、万が一のためにやっておいて損はないです。

仮想通貨を一元管理して破綻リスクや紛失リスクを恐れないのは、いずれ来るかもしれない大地震に備えないようなものです。

ウォレットを使い分けることは、仮想通貨トレードにおける資産の分散管理方法の一つであり、仮想通貨トレーダー永遠の課題でもあります。

もしあなたが仮想通貨トレード初心者なら、ハードウェアウォレットを1個買うだけでも、最初の一歩としては十分でしょう。

ホットウォレットとコールドウォレットについて知ったこの機会にぜひ、仮想通貨の分散管理について考えてみてください。

まだ仮想通貨"ガチホ"してるの?
本物の投資を学びたいあなたにおすすめする
仮想通貨コミュニティ「ZIYUU」

仮想通貨の乱高下に疲れていませんか?200人の仲間たちと共に、ガチホやICOなどという”運任せ”ではない「本物の投資」を学びましょう。

仮想通貨コミュニティ「ZIYUU」なら、仮想通貨の値段が上がっても下がっても利益を出せる仮想通貨のトレードノウハウを学ぶことができます。