仮想通貨のレバレッジ取引をするならどの取引所がおすすめ?ランキング形式で紹介してみた!

こんにちは、海田です。

仮想通貨は、株やFXなどと同じように、レバレッジ取引をすることができます。

レバレッジ取引は爆発的な収益を期待できる反面、爆死レベルの損失を生む可能性もある諸刃の剣のような取引です。しかし、低資本でも大きな額を運用できるのは、まとまった資金を用意できない方からすれば大きな魅力でしょう。

今回は、まずレバレッジ取引について簡単に説明した後、私がおススメする、レバレッジ取引が行える仮想通貨取引所をいくつか比較しながら紹介してみようと思います。

そもそも「レバレッジ取引」とは?

レバレッジ取引とは、自己資金よりも大きな金額の取引をすることを指します。

例えば、10万円の自己資金に対して100万円の取引をしたなら、それは「レバレッジ10倍の取引」ということになります。

レバレッジ取引の魅力は、低資本でも大きな利益が期待できることです。その一方で、損失も大きくなりやすいというデメリットがあります。冒頭でも書いた通り、レバレッジ取引は諸刃の剣なのです。

特に仮想通貨の相場は乱高下状態にあるため、初心者のうちからレバレッジをかけすぎるのはあまりおススメしません。

初めから何十倍ものレバレッジをかければ、一回一回の取引で「天国か地獄か」という思いをするハメになるでしょう。まずはノーレバレッジか、3倍とか5倍ぐらいの低レバレッジから始めるのが無難です。

仮想通貨でレバレッジをかけて取引する3つの方法

ネットの情報をみると、「レバレッジ取引」とひとまとめにされていてわかりにくいですが、レバレッジ取引には以下3つの種類があります。

  • 信用取引
  • 先物取引
  • FX

取引所によって扱っているタイプは違いますし、それにかかる手数料も変わってきます。まずは、それぞれの取引のタイプについて簡単に説明していきます。

1. 信用取引

信用取引とは、取引所に自分を信用してもらい、持っている資金以上の売買を行う取引です。株の信用取引と同じで、取引所に自分の資金を担保として預けることで、その資金の何倍かの仮想通貨を取引することができます。

例えば、レバレッジ5倍の取引所だと、100万円を担保とすることで、500万円分の仮想通貨を取引することができます。

取引所からお金、または仮想通貨を借りているので返済期限があり、金利も発生します。

2. 先物取引

先物取引とは、未来の売買についてを、現時点で約束する取引のことです。現時点で売買の価格や数量を約束だけしておいて、約束の日(現月)が来た時にその価格で取引します。

例えば、1ヶ月後に1BTCを100万円で購入すると約束したとします。限月が来た時点の1BTCの価格が120万円になっていれば、その時点の実際の相場より安く買えるので儲けがでますが、80万円に下がっていれば、相場よりも高く買わなければいけないので損をしてしまいます。

限月が来ると取引は強制的に終了となりますが、含み益が出ている場合はその前に決済することもできます。

3. 仮想通貨FX

仮想通貨FXとは、決済時の差額のみをやりとりするレバレッジ取引です。そのような形態の取引を「差金決済取引」というのですが、信用取引も差金決済取引に当たります。

信用取引と違うのは、返済期限はなく、長期間に渡ってポジションを持ち続けられることです。また、スワップポイントといって、ポジションを決済せず1日持ち越すごとに手数料がかかってきます。

スワップポイントは普通のFXにもありますが、こちらの場合は、通貨間の金利差によって手数料が受け取れることもあります。仮想通貨FXだと、ごく一部の例外をのぞいて支払いになるので、普通のFXで慣れていた人はその違いに気をつけましょう。

取引所の手数料一覧

レバレッジをかけて取引する際にかかる手数料には、以下のような種類があります。

  • 入出金時手数料
  • 取引手数料
  • スワップ手数料
  • キャピタルゲインフィー(利益が出た際にかかる手数料)

以上を踏まえ、国内の主要な取引所の手数料を表にまとめました。

 業者名 入金時 取引手数料  スワップ手数料 レバレッジ キャピタルゲインフィー 出金時
Zaif  振込手数料  証拠金の0.039%  0.04% 最大7.7倍(信用)

最大25倍(先物・FX)

 0.7%  350円〜756円
GMOコイン  無料(pay-easy)  無料  0.05%  最大5倍  0.05%  無料
bitbank  BTC送金手数料  0.01%(新規建)

無料(決済)

 無料  最大20倍  0.02%  BTC送金手数料
BITPoint  振込手数料  0.035%(新規建)

無料(決済)

 0.035%  最大25倍 無料  無料
bitFlyer  振込手数料  無料  0.04%  最大15倍  無料  216円〜756円
DMMビットコイン  無料(クイック入金)  無料  0.04%  5倍  無料  無料

おススメの仮想通貨取引所ランキング

1位 GMOコイン

2位 ビットバンク

3位 DMMビットコイン

……といったところでしょうか。

あくまでも超個人的なランキングなのですが、もちろん、それなりの理由があります。各取引所の特徴について説明していきますね。

1位 GMOコイン

image by GMOコイン

最大25倍までレバレッジがかけられるところが魅力のGMOコインでしたが、2018年1月31日のメンテナンスから、最大倍率が5倍に下がってしまいました。それでも、「仮想通貨のレバレッジ取引をやってみたい!」という方には個人的に1番おすすめの取引所です。

表を見てもらうと分かる通り、入出金手数料が無料なのはGMOコインとDMMビットコインのみです。Pay-easy(ペイジー)という入金システムを利用するのですが、ほぼ全ての金融機関に対応しており、24時間365日いつでも即時入金が可能です。これなら土日祝にBTCの価格が急変しても大丈夫ですね。

あと、スマホアプリの「ビットレ君」が非常に優秀。個人的1位である最大の理由がビットレ君といっても過言ではないです。

各取引所にはそれぞれアプリがありますが、スマホアプリ内でレバレッジをかけた取引ができるのは「ビットレ君」とビットポイントのアプリの2つだけです。

ビットレ君はビットポイントのアプリと比べて、初心者にも画面が見やすく、注文の機能も豊富なので非常に使いやすいです。チャートの種類も豊富なので、ある程度、取引に慣れている人も自分にあわせて使用することができると思います。

価格変動の大きい仮想通貨では、スマホでチャートを確認することが多くなると思いますので、ビットレ君の活躍は間違いないです。

2位 bitbank(ビットバンク)

ビットバンクでは、ビットバンクトレードというサービスを使い、FX形式でレバレッジをかけた取引を行うことができます。特徴的なのは、国内の取引所で唯一スワップ手数料がかからないという点ですね。

仮に、1日あたり0.05%の手数料がかかる取引所を利用している場合、数週間ポジションを維持していると、日に日にコストは積み重なっていきます。

デイトレードを主に考えているなら、スマホアプリが見やすく、取引手数料無料のGMOコインがおススメですが、スイングトレードの場合は断然、ビットバンクトレードが良いでしょう。

ビットバンクトレードは証拠金維持率20%で強制ロストカットになる点に注意が必要です。この数字は他の取引所と比較しても低い数字です。

証拠金維持率が低いということは、ある程度損失を被っても強制ロストカットされず取引を続けることができますが、それだけ資産のマイナス額も大きくなるので、初心者の方は注意が必要です。

3位 DMMビットコイン

image by DMM Bitcoin

取引に際してかかってくる手数料はスワップ手数料の0.04%のみなので、取引に関してかかってくる手数料が全体的に安いです。

DMMビットコインでは、なんと7種の通貨(BTC、ETH、XEM、XRP、LTC、ETC、BCH)でレバレッジ取引ができます。

GMOコインが今後アルトコインの取り扱いを考えているようですが、現状国内で、ここまでアルトコインを豊富に扱っているのはDMMビットコインだけです。

ただし、レバレッジが5倍で固定されているので、ビットバンクと比べると大きく資金を動かすような取引は行うことができません。まあ、仮想通貨でレバレッジを何十倍もかけて取引するのは正直おススメできないので、5倍くらいでちょうどいいと思います。

ちなみに、レバレッジ取引では7種の通貨を扱えるものの、現物取引ではBTCとETHしか取引できません。そのため、アルトコインの現物取引も積極的に行う予定があるのなら、DMMではない取引所の口座も開いておく必要があります。

その他取引所の特徴

残りの取引所も決して悪いというわけではありません。

個人的1位のGMOでは、レバレッジ5倍までの取引しかできませんし、それぞれのトレードスタイルにあわせた取引所選びが大切です。

Zaif(ザイフ)

image by Zaif

ザイフでは「信用」「先物」「FX」の3種類の方法を使いレバレッジをかけた取引を行うことができます。

ザイフで特徴的なのは、信用取引を行う際の証拠金として、XEM、MONAを担保にすることが可能という点です。

手数料に関しては、各種手数料がかかりますし、キャピタルゲインフィーも0.7%と少し高いかなという印象です。ただ、追証不要で3種のサービスを展開していますので、「これから色んな取引をやっていきたい!」という初心者トレーダーの方には良いかもしれません。

bitFlyer(ビットフライヤー)

image by bitFlyer

ビットフライヤーでは、FX方式の「Lightning FX」と先物取引形式の「Lightning Future」というサービスを使うことで最大15倍のレバレッジをかけた取引を行うことが可能です。

取引に関してかかってくる手数料は、スワップ手数料のみなのでデイトレードを主におこなう方にはおススメです。

ビットフライヤーFXは取引高が日本で1番大きいので、専業のトレーダーやFXトレーダー、有名な個人投資家などが集まっており、どちらかといえばプロ向けの取引所です。

取引画面やチャートも少し見づらいので、初心者の方は最初は戸惑ってしまうかもしれません。追証もあるので、投資元本以上の損失には注意が必要です。

BITPoint(ビットポイント)

image by BITPoint

ビットポントは信用取引形式でレバレッジをかけた取引ができます。

国内で唯一、メタトレーダー(MT4)と呼ばれるトレードツールを導入しています。これまでFXをしていて、MT4を利用したことがある人には馴染みやすいかと思います。

スマホアプリからでも取引することは可能ですが、GMOコインの提供するビットレ君ほどの性能はないので、スマホでのトレーディングは向いていません。

レバレッジ最大25倍とかなり大きな取引ができて、キャピタルゲインフィーが無料なのは魅力的ですね。

まとめ

今回は仮想通貨のレバレッジ取引手数料がお得な取引所を紹介してみました。

ランキングはあくまでも個人的につけたものなので、鵜呑みにはしないでくださいね。GMOコインが1位なのは、私自身、デイトレードであまり大きなレバレッジをかけず、細々と利益を掴んでいくというスタイルだからです。

ヘビーな短期トレーダーの方であれば、レバレッジが大きくスワップ手数料のかからないビットバンクトレードや、チャート機能が豊富で取引高日本一のビットフライヤーが合っているかもしれません。

自分のスタイルに合った仮想通貨取引所を選ぶのが、最短最速で億トレーダーになれる道と言っても過言ではないですよ!