LoopXがICOで調達した資金を持ち逃げ!まさかの犯行予告も!?未だ不十分なICO詐欺への対策

2018年2月13日、新しい仮想通貨を設立するためにICOを通じて資金を集めた「LoopX」が、450万(約4億9000万円)ドルを集めた時点で、ウェブサイトやSNSを閉鎖し行方が分からなくなると言う事態が発生しましました。

ICOとは

ICOとはスタートアップが迅速に資金調達をするために使われる手段のことで、正式には「Initial Coin Offering」と表記します。

ICOを発行するメリットは複数ありますが、仮想通貨に関する企業や事業プロジェクトに期待されているものは以下の通りです。

  • 集めた資金に配当を支払う必要が無い
  • 集めた資金に株式を発行する必要が無い
  • 支払いは仮想通貨によって行われるため、ネット上での調達が可能
  • 事業計画書や直近決済の開示をする必要が無い

こんな所でしょうか。

ICOと同じ資金調達の一種に、株式を新規公開するIPO(Initial Public Offering)があります。IPOは株式の発行が必須になるため、証券市場に上場しなければなりません。また、投資家に事業計画書や直近決済を開示する必要もあります。

その点、ICOは上記の通り株式を発行せずに資金を調達するため、難しい手続きを飛ばして迅速に資金調達をすることが可能ます。また、株主総会にあたるものもないので、投資家から干渉を受けずに資金を使うことができる利点もあります。

ただ、それはあくまで発行する側の利点。事業計画書などの開示が必要ないということは、ICOを発行する企業や事業の信憑性、安全性の担保は不明瞭なままでもいい、ということになってしまいます。

つまり投資家からすれば、本当に信用ができる企業や事業なのかを判断することが非常に難しいため、ハイリスクな投資にならざるを得ないのですね。

急成長する通貨に上手く投資できれば大きな資産を築くことができますが、最悪の場合、今回の事件のように出資したお金が一瞬にして消えてしまう危険性もあるのです。

行方をくらましたLoopX

発行前の仮想通貨を担保とする、ICOを通じた資金集めに成功していたLoopXの行方が分からなくなったのは、2018年の2月13日の話です。

FacebookやYouTubeといったICOのアナウンスに使っていたアカウントを全て閉鎖し、集まった多額の資金を持ち逃げする形になりました。

唯一残っているTwitterアカウントには、TheNextWebへのリンクのみがツイートされています。

LoopXのツイッター image by Twitter

これがLoopxの管理者がツイートしたものなのか、なりすましによるものなのかの区別は付いていません。リンク先はLoopXが資金を持ち逃げしたことを報じている記事につながっていますが、なんとも意図が分かりづらい投稿です。

また、雲隠れをする1週間程前に「近々、サプライズがあります」と言う旨のメッセージがLoopXから出資者に送られていたそうです。まさかこんな形のサプライズになるとは思ってはいなかったでしょう。

一部のウェブサイトではLoopXの動きを警戒している掲示板もあったようですが、結果としては4億9000万もの大金とともにLoopXの行方は分からなくなってしまいました。

投資家たちの反応

この事件を受けて、LoopXに出資していた投資家たちは、仮想通貨のトラッキングを開始してLoopXの行方を追っています。

また、Coincheckが保有していた仮想通貨「NEM」を流出したときと同様に、ネット上の仮想通貨フォーラムで集団訴訟を起こすことも検討しているとのことです。

ICOの現状

手続きが簡単な一方で、企業や事業の信憑性を確認することが難しいという特性から、今までも詐欺に利用されてきたICOが規制されるのは当然の流れかもしれません。

仮想通貨の関連機関によるICO市場の監視はもちろんのこと、仮想通貨とICOの規制を検討する国も出てきている状況です。

中国最大の検索エンジン「百度(バイドゥ)」や中国版Twitterの「微博(ウェイボ)」ではすでに仮想通貨やICOに関する広告の掲載を禁止しています。

しかし、完全にICOを規制できているわけではないのが現状。

今回LoopXがICOのアナウンスに使ったSNSの中にはFacebookも含まれていますが、実はFacebookはこの事件が起こる前に仮想通貨を含む金融サービスの広告を禁止するポリシーを発表していました。にもかかわらず、ICOの広告に使われてしまった所に整備の脆弱さが見え隠れします。

仮想通貨やICOに関する整備が進むまでは、しばらく時間がかかりそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする