仮想通貨取引所で送金手数料が安いのはどこ?ランキング形式で比較してみた!

こんにちは。海田です。

仮想通貨が生まれたことにより、国際間の金融取引は、従来のシステムから大きく変わるかもしれません。

ただ、ビットコインは価格高騰に伴い、送金手数料も高くなりました。しかも、送金完了までの時間も増えています。

それをふまえた上で、仮想通貨の送金に関しておすすめの取引所を、ランキング形式(超個人的)で比較しながら紹介していきます!

こんな人は送金手数料を気にして!

  • 海外取引所でアルトコインを買おうと考えてる
  • ICOに参加しようと思ってる
  • アービトラージ(異なる取引所間の価格差を利用し、その差額を儲ける手法)を狙って別の取引所への送金を考えてる
  • ウォレットを使おうと思っている

上で書いたことをしたい!と思ってる人は、仮想通貨の送金を行うことが多くなるので、取引所もしっかりと選ぶ必要があります。

なぜなら、取引所によって仮想通貨の送金手数料は大きく異なるからです。

海外取引所、ICO、アービトラージはある程度、取引に慣れている人向けですが、ウォレットへの送金は仮想通貨初心者でも考えてる人は多いのではないでしょうか?

記事執筆時の2018年2月は、コインチェックのXEM流出事件があったばかりなので、取引所保管の安全性には不安が残ります。より安全なハードウォレットへの送金を考えている人も多いと思いますが、その際にも手数料はかかってくるんです。

手数料が安い取引所が他にあるのに、手数料が高い取引所を払い続けるということは、損失を許容し続けるのと同じです。

投資で大きく稼ぐ人は細かいところもちゃんと見られる人です。たかが手数料と思わず、自分の大事な財産の一部だと思って、きちんと意識しながら取引しましょう。

送金手数料

それでは、各取引所の送金手数料を見ていきましょう。

取引所 BTC送金手数料 取り扱い通貨
Zaif 0.001BTC ビットコインキャッシュ、ネム、モナコイン、各種トークン
GMOコイン 無料 イーサリアム、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、リップル
bitbabk 0.001BTC イーサリアム、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、リップル、モナコイン
BITPoint 無料 イーサリアム、ビットコインキャッシュ
bitFlyer 0.0008BTC イーサリアム、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、モナコイン、イーサリアムクラシック
DMMビットコイン 0.0008BTC イーサリアム

上記の表をみていただけると分かる通り手数料だけを見ると、1番安いのは、GMOコインBITPointです。しかし、ネタバレになりますがこれから紹介する今回のランキングではGMOコインとBITPointをワンツーフィニッシュにはしませんでした。

なぜなら仮想通貨の送金は、手数料だけでなく、送金速度、安全性、取り扱い通貨数などの要素も大切だからです。

例を挙げるなら、価格が高騰してしまったビットコインよりも、アルトコインの方がコストは抑えられますし、リップル、イーサリアム、ライトコインなどは送金スピードが速く優秀です。

中でもリップルの送金技術は高い評価を得ており、最近ではサウジアラビアの中央銀行と提携を結んだと話題になりました。「ビットコインをリップルに交換してから送金する」なんてこともよく行われていますね。

そもそも、取引所からの送金は、仮想通貨のスペックとは関係なく完了まで一日以上待たされたりする場合もあります。なぜなら取引所からの送金は、一旦、取引所が顧客からの送金リクエストを確認するというステップがはさまるからです

リップルの送金速度は、公式によると「4秒」ですが、実際に取引所から別のウォレットに送るときは4秒で完了しません。早くても数十秒、数量が大きくなれば数時間ほどかかるケースもあります。

私の経験ですが、ある取引所から別の取引所にイーサリアムを送ったときは、完了まで3日かかったことがあります。結構多めの金額を送金したので、「もしかしてアドレスをミスったんじゃないか?」とヒヤヒヤしました(笑)。

少し話が脱線しかけましたが、送金完了に3日かかるというのは、「リクエストが大量にきていた」か、「取引所の人手不足」あたりが原因だと思われます。

要するに、どんなに送金が早い仮想通貨でも、取引所側の状況次第で遅くなる場合もあるってことです。そういう意味でも、手数料だけに絞って取引所を選ぶのはあまり良くないわけです。

そのため、今回のランキングは「手数料」に重きをおいて作りはしましたが、その他の要素とのバランスも考慮しました。ぜひ参考にしてみてくださいね。

個人的取引所ランキング

前置きが長くなりましたが、ランキングを発表します。

仮想通貨の「送金」をメインに考えた時の個人的取引所ランキングは、ずばり以下の通りです!

1位 bitbank(ビットバンク)

2位 GMOコイン

3位 bitFlyer(ビットフライヤー)

この順位にした理由を説明していきますね。

1位 bitbank(ビットバンク)

image by bitbank

このランキングで栄えある1位を飾ったのは「ビットバンク」です。

ビットバンクの良い点は、取り扱い通貨の豊富さです。送金に関して優秀と言われている、リップル、イーサリアム、ライトコインを取り扱っており、取引所形式で購入することができます。

しかも、ビットバンクはイーサリアムの送金手数料がめっちゃ安いです。 他の取引所の半分ほどの手数料なので、イーサリアムの送金を考えている人にはおすすめです。

またビットバンクは、ビットコインセキュリティを専門とした企業「BitGo」と提携しており、コールドウォレットだけでなく、インターネットに常時接続されている、ホットウォレットのセキュリティも安心感があります。

当メディア編集部メンバーと繋がりのある投資家さんの中でも(日本円にして1,000万円以上の額を運用している有力な投資家さんに絞った場合でも)ビットバンクを推奨している人は結構多いですね。

取扱通貨の豊富さ、主要な通貨の送金手数料の安さ、セキリュティの高さ、有力投資家が推奨しているなどといった理由から、今回はビットバンクを1位に選んでみました。

2位 GMOコイン

image by GMOコイン

2位はGMOコインです。こちらの取引所の魅力は、なんといっても送金手数料が無料であること

ただ、販売所でしか購入できない点には注意が必要です。GMOコインでも、リップル、ライトコイン、イーサリアムの取扱いがありますが、取引所購入ができないので、そこはビットバンクに大きく引けを取る形になります。

当初はビットコインの最低スプレッド300円を売りにしていたGMOコインですが、いまや基本スプレッドは5,000円です。ひどいとスプレッドが5万円開いてるときもあるので、その点には注意が必要ですが、取引手数料、送金手数料が無料なのは良いですね。

ちなみに、人気トレードツールのMT4が使える取引所「BITPoint(ビットポイント)」も送金手数料無料ですが、こちらは取り扱い通貨が少ないので、今回はランクインさせませんでした。ただ、仮想通貨FXをやる人には結構おすすめなので、そちらをメインでやっている人は選択肢に入れてもいいでしょう。

3位 bitFlyer(ビットフライヤー)

image by bitflyer

個人的3位はビットフライヤーです。

こちらは、送金手数料はかかってきてしまいますが、取引量、ユーザー数、資本金が日本一という点はとても安心できます。取引所としての歴史が長いのもいいですね。

また、ビットフライヤーは「BitWire」という、ビットコインを1秒で送金できるシステムを持っています。ビットフライヤーのアカウント間の取引に限られますが、こちらは送金手数料が無料です。1秒で仮想通貨の送金ができるなんてなんとも驚きですね。

とはいえ、基本の送金サービスはビットバンクよりも手数料が高く、私自身ビットフライヤー間での送金をあまり行わないこともあって、今回は3位にしました。

まとめ

ビットコインが短期間に急激に普及したことにより、送金に遅延が生じ、ビットコインの仕組みの限界も見えてくることになりました。

ビットコインのスケーラビリティ問題は、今後、仮想通貨が発展していく上で解決しなければいけません。個人的には、今の状況で送金には適していないビットコインは使っていません。そのため、個人的なおすすめ取引所は、今回のような結果になりました。

もちろん手数料が安いところがいいんですが、仮想通貨の送金を考えると、送金速度、安全性、取り扱い通貨数なども大切になってきます。

今後、お金の送金の主流は仮想通貨、なんて未来もあるかもしれません。送金コストが安くて、安全な取引所を選びの参考にしてみてくださいね!