Ripple社がサウジアラビア中央銀行と提携を結ぶ!ブロックチェーン技術を使った中央銀行が誕生か!?

2018年2月14日に発表された情報によると、サウジアラビアの中央銀行である、サウジアラビア通貨庁(SAMA)はRipple社と契約を締結したそうです。

Ripple社はすでに世界中の企業と提携を結んでいますが、中央銀行との提携は初めてになります。

国際決済でRipple社の持つブロックチェーン技術を試験的に利用することが目的のようで、中央銀行がブロックチェーン技術を用いたプログラムを利用するのは世界でも初めての出来事です。

中央銀行主導でブロックチェーンの普及へ

もともと、国際送金に優れているRipple社のブロックチェーン技術(XRP Ledger)はSAMAとの締結によってどのような革新をもたらすのでしょうか。

今回SAMAが使用する試験的プログラムは、全世界の決済のツーエンドツーを監視するRipple社のブロックチェーンソフトウェア「xCurrent」を利用します。

これによって、サウジアラビアラビア国内の銀行はRipple社のブロックチェーンネットワークである、RippleNet上に存在する100以上の金融機関と接続されることになるようです。

RippleNetと接続されることで、従来サウジアラビアが使っていた国際送金にかかる時間を短縮し、なおかつ安全性を高める事が可能に。また、RippleNetとの接続は送金シェアの拡大にもつながる可能性も考えられます。

今回のSAMAの試みは、ブロックチェーン技術が仮想通貨だけで無く中央銀行でも利用可能かどうかを判断する試金石となりそうです。

止まらないRipple社の業務提携

毎日のように業務提携を発表するRipple社は、ここ数日の間に中東最大の送金サービスを誇るUAEエクスチェンジとも提携を結びました。

また、UAEエクスチェンジを筆頭に大手企業がXcurrentを使用する例がどんどん増加しています。

この事から、Xcurrentを始めとしたRipple社のブロックチェーンソフトウェアが世界中の企業に注目されていることは間違いないでしょう。

Xcurrentは仮想通貨のリップルコイン(XRP)を使用するソフトウェアではありませんが、実際にXRPを利用するxRapidが普及するようになれば、XPRが高騰する可能性も考えられます。

今後もRipple社の快進撃はしばらく続きそうですね。