販売所と取引所の違いは?両者のメリットデメリットを知って賢く取引しよう!

こんにちは、桜井です。

最近立ち寄ったカフェで 「ビットコイン会計OK」  のチラシを見かけました。僕がビットコインを初めて手にした時から比べると、かなり実用性を帯びてきたように感じます。

日常生活の中で使える場面が増えてきたからか、仮想通貨に興味を持って買い始める人が僕の周りに増加中です。そんな仮想通貨を始めたばかりの友人から 「販売所と取引所って何が違うの ?」 との質問をされました。

販売所と取引所 。一見すると同じもののようにも思ますが、実は大きく異なっています。違いが分からないまま取引すると、知らず知らずの内に損をしてしまう可能性があります

というわけで今回は、「販売所と取引所の違い」について説明しようと思います。仮想通貨を取り扱う上での基礎にもなるので、僕のように後悔しないためにも、ぜひ読んでみて下さい。

「販売所」と「取引所」の根本的な違い

そもそも仮想通貨取引所とは、仮想通貨売買をしたい人たちのためのサービスを提供している金融機関です。同じ仮想通貨取引所の中でも、仮想通貨を買う方法は2種類あり、それが「販売所」と「取引所」という枠組みになっています。

bitFlyerのビットコイン取引所 image by bitFlyer
bitFlyerのビットコイン販売所 image by bitFlyer

販売所と取引所の根本的な違いは取引相手(私たちがサービスを通して誰と取引するか)という点にあります。

販売所での取引相手は「仮想通貨取引所」であるのに対し、取引所での取引相手は、自分と同じ「仮想通貨売買をしたい個人」になります。仮想通貨を店から買うか、人から買うかと言い換えてもいいでしょう。

多くの仮想通貨取引所は、販売所で売買するか取引所で売買するかを選べます。しかし中には、「現物は販売所でしか扱ってません」「うちは取引所だけです」というレアなケースもあります。

仮想通貨取引所を選ぶときには、そういった点にも注意してみるといいでしょう。

取引所とは?

先ほども書いたように、取引所のシステムは、仮想通貨を売りたい個人から仮想通貨を購入する(あるいはその逆)というものです。

仮想通貨売買をしたい人同士が使う掲示板のような存在とも言えます。

取引所のメリット

取引所で仮想通貨取引をすることのメリットは、主に2つあります。

1. 指値注文ができる

はじめに軽く説明しておきますが、指値(さしね)注文とは、価格を指定する注文方法のことです。逆に、価格を指定しない注文方法のことを、成行(なりゆき)注文といいます。

販売所だと、仮想通貨取引所側が提示した値段でしか取引できません。必然的に、成行注文しか選べない仕組みになっています。その点、取引所では指値注文が行えるので、取引の自由度が高くなっています。

2. 実質、販売所よりも手数料が安い

取引所は注文するごとに手数料をいくらか取られますが、それでも注文金額に対して片道0.1%ほどです。販売所の場合は、最大で7%以上も取られることがあります。

「実質」と書いたのは、販売所の仕組みに理由があるからです。詳しくは後ほど解説します。

取引所のデメリット

取引所で取引することのデメリットは主に2つあります。

1. 条件が合わなければ注文は執行されない

極端な話をしますが、指値注文では「1BTC千円で買いたいです!」ということも一応できます。しかし、その買い注文は「1BTC千円で売ります!」という売り注文がなければ執行されません。

要するに、その指値注文が執行されるには、その条件とマッチした反対注文がないといけないというわけです。

とはいえ、取引量が多いコインや取引所で取引したり、あまりにも現在価格と乖離(かいり)しすぎた注文をしなければ、これは軽いデメリットで済みます。

2. 成行注文は、想定した価格で取引できないことがある

仮想通貨の相場は常に変化しているため、注文したときの価格と実際に取引が約定したときの価格が、微妙に違うことがあります。

例えば、「1BTC=100万円のときに買い注文を入れたつもりが、実際には101万円のときに買ったことになっていた」というような感じです。この例では、意図した価格よりも高い値段で買ってしまったことになっていますが、安く買える場合もあります。

結局のところ、有利になるか不利になるのか、投資家側からコントロールできないので、僕はデメリットだと思いますね。

ちなみに、この現象をスリッページと呼びます。成行注文のときは注意しなければならない要素の1つです。

取引所(板)の見方

取引所の取引画面で特徴的なのは、「板(いた)」の存在です。取引所で取引するなら、チャートの見方はもちろん、板の見方も覚えるべきことの1つといえます。

「板」とは?「どの価格にどれだけ注文が入っているか」という情報がひと目で分かる表のこと。

百聞は一見にしかず。実際に日本最大手の仮想通貨取引所である「bitFlyer(ビットフライヤー)」の取引所を見てみましょう。

これがビットフライヤーのビットコイン取引所の「板」です。数字がたくさんあって混乱するかもしれませんが、順を追って説明するので安心してください。

まずは左側の青い数字から説明します。これは、「この価格でこれだけの売り注文が入ってますよ」ということが分かります。

例えば、画像の1番上にある青い数字の列。これは 「1,552,814円で0.00255989BTC分売り注文が入ってますよ」 ということを示しています。

仮にこのとき、「1,552,814円で0.1BTC買い」という注文をしても、取引の約定には時間がかかるでしょう。なぜなら、1,552,814円という価格帯には、0.1BTCも売りには出されていないからです。

次に、右側の赤い数字ですね。もう予想はついたかもしれませんが、赤い数字は「この価格でこれだけの買い注文が入ってますよ」ということが分かります。

つまり、画像1番下の赤い数字は 「1,549,000円で0.26259979BTC分の買い注文が入ってますよ」 ということを示しているわけです。そのため、「1,549,000円で0.5BTC売り」という注文をしても、これまた約定には時間がかかることになります。

先ほど書いたように、取引所では金額を指定した取引が可能ですが、条件に合っていなければ注文は執行されないことがデメリットなのです。

販売所とは?

販売所のイメージは業者との直接取引です。

つまりユーザー間の取引ではなく、ビットフライヤーやコインチェックが保有している仮想通貨を直接取引するということです。

販売所のメリット

販売所を通して取引することのメリットは、大きく2つあります。

1. 提示されている値段の通りに取引できる

取引所での成行注文はスリッページが起こりますが、販売所での注文は、絶対にスリッページが起きません。つまり、販売所での仮想通貨売買は提示されている値段の通りに取引できるのです。

また、メリットとは言い難いかもしれませんが、たくさんの通貨を取引したいときは販売所のほうが有利です。なぜなら、一度の取引における上限はあるものの、取引所よりも大きい数量で注文しやすいからです。

2. アルトコインも多く取り扱っている

基本的には、取引所よりも販売所のほうが取引できる通貨の種類が多いです。よく見られるのは、ビットコインは取引所と販売所の両方で取引できるけど、アルトコインは販売所でしか取引できないというケース。

取引所でアルトコインが売買できるところも少なくはないので、仮想通貨取引所を必要に応じて使い分けるという選択もあります。

販売所のデメリット

デメリットとして考えられるのは、実質、取引所よりも手数料が高いという点でしょう。

取引所のようなユーザー同士の取引とは違い、販売所が設定した金額を払えば自分の都合に合わせた量の仮想通貨を取引することが出来るのが販売所の魅力です。

しかし、忘れてはいけないのが手数料の存在。

販売所での取引にはビットフライヤーやコインチェックへの利益として見えない手数料が存在するのです。

具体的に「手数料としてこの金額いただきます」という表示はありませんが、実際に販売所で取引をすると、取引所に比べ、高い価格で仮想通貨を買う(または安い金額で売る)ことになります。

この購入価格と売却価格の差をスプレッドと呼びます。このスプレッドこそが、投資家にとって実質的な手数料となっているのです。

取引所と販売所の価格差

同じ日時で同じ量の仮想通貨を取引すると、取引所を使った場合と販売所を使った場合ではどのくらいの価格差が出るのでしょうか。

ビットフライヤーの取引所と販売所を例に、確認していきましょう。

販売所のビットコイン価格

販売所でビットコインを取引した場合、1BTCあたりこの金額で取引することが出来ました。

購入価格が1,581,773円、売却価格が1,520,530円となっています。

従って、このタイミングで1BTCを購入して、すぐに売却した場合は、61,243円も損をすることになります。

取引所のビットコイン価格

取引所でのビットコイン価格はこのようになっていました。

取引所にはスプレッドなんてものはないので、最終取引価格である「1,551,677円ぐらいで買えるし売れる」わけです。手数料は片道0.1%ほどなので、このタイミングで買ってすぐに売った場合は、3,354円ぐらいの損で済むことになります。

販売所とは雲泥の差ですね。取引所での仮想通貨取引は、販売所での取引と比べて安く買って高く売ることが可能なのです。

販売所と取引所を使いわけよう

販売所と取引所の特性は理解いただけたでしょうか。

ここまでの話を聞くと、資金の少ないトレーダーからすると販売所の存在意義がかすんでしまいますよね。

ですが、実際に取引を続けていくと、販売所を使った方が良い場合もあるのです。

例えば、保有している仮想通貨が何らかの理由で大暴落して、なかなか回復が見込めないとします。

将来もっと価値が下がるかもしれないので、早めに手元の仮想通貨を売って、被害を食い止めたいところです。

普通ならここで、販売所よりも高く仮想通貨を売れる取引所で仮想通貨を売却を選びたくなるかもしれません。

しかし、仮想通貨が大暴落し、しかも回復の見込みが薄いとなると、それはあまり良い選択ではありません。このようなケースでは、被害を最小限にするために仮想通貨を売りたいと考える人が急増し、買い手とのバランスが大きく崩れてしまうからです。

売り手と買い手のバランスが大きく崩れることを、投資の世界では「流動性が損なわれる」と言います。流動性が損なわれた市場では、売り注文がなかなか執行されなかったり、安い価格で売らざるをえなくなったりします。

従ってこのケースでは、日時を問わず、提示されている値段で確実に取引できる販売所での売却のほうが良いとも考えられます。

どちらかがが絶対的に良いということはなく、ケースバイケースで使い分けるのが、賢いやり方なのです。

まとめ

指値注文が可能で、販売所よりも安く購入して高く売ることができる取引所。

日時にかかわらず好きなだけ取引が可能で、提示されている値段で確実に売買できる販売所。

基本的には、利益率を上げやすい取引所での取引がおすすめですが、場合によっては販売所での取引の方が良い場合もあります。

それぞれの特性を理解して、効率よく仮想通貨の取引をしていきましょう!

まだ仮想通貨"ガチホ"してるの?
本物の投資を学びたいあなたにおすすめする
仮想通貨コミュニティ「ZIYUU」

仮想通貨の乱高下に疲れていませんか?200人の仲間たちと共に、ガチホやICOなどという”運任せ”ではない「本物の投資」を学びましょう。

仮想通貨コミュニティ「ZIYUU」なら、仮想通貨の値段が上がっても下がっても利益を出せる仮想通貨のトレードノウハウを学ぶことができます。