コインチェックの登録方法を画像付きで分かりやすく解説!

※ 2018年1月現在、コインチェックはネム流出事件により、日本円を含むあらゆる通貨の出金サービスが停止されています。口座開設は控えてください。

今回は国内の仮想通貨取引所、「Coincheck(コインチェック)」の登録方法を解説してみました。

ビットコインを始めとする仮想通貨の取引・投資を始めるためには、まず日本円を仮想通貨に両替しなければいけません。そのためには仮想通貨取引所の口座開設が必要不可欠です。

この記事では、数ある仮想通貨取引所の中でも最も知名度の高い、コインチェックの口座開設方法や登録方法、簡単な使い方を紹介していきたいと思います。

手っ取り早く登録したい人は動画でチェック!

一応、Youtubeにもコインチェックの登録方法を解説している動画があります。

動画の内容はこの記事で解説しているものと大体一緒なのですが、文章よりも動画で説明された方がわかりやすいという方は参考にしてみてください。

動画はコインチェックのログインページから始まっています。以下の画像リンクをクリックすれば、同じページに行くことができるので、さっそく登録を進めてみましょう。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

そもそもコインチェックはどんな仮想通貨取引所なの?

コインチェックは、数ある仮想通貨取引所の中でも特に評価が高いといっても過言ではない取引所です。人気の理由は何と言っても、取り扱える通貨数が段違いに多いこと

ユーザーインターフェースが使いやすかったり、セキュリティが高かったりするのも魅力ではありますが、これらは他の人気取引所にも言えることなので、コインチェック独自の強みとは言えません。コインチェックの特徴を述べるなら、やはり通貨数の多さが挙げられると思います。

具体的にどれだけの通貨が取り扱えるのかというと、記事執筆時点(2017年10月19日時点)で13種類となっています。他の取引所はビットコイン+αで1、2通貨というところが多いので、この数はやはり圧倒的な多さと言えるでしょう。もちろん日本一の数字です。

FXなどをやったことがある人ならわかると思いますが、取り扱える通貨が多いということはそれだけ選択肢が増え、チャンスも増えるということになります。特に仮想通貨は法定通貨(日本円や米ドルなどの国ごとに定められた通貨)に比べ通貨ごとの特徴の差が大きいので、株の銘柄を選ぶのと似たような感覚で投資する通貨を選んでいく楽しみがあります。取り扱える通貨が多いのは利用者にとって嬉しいポイントでしょう。

コインチェックで取り扱える仮想通貨一覧 どれも時価評価額ランキング上位のメジャーな通貨。これらの通貨は直評価額が低い通貨よりも取引が安定しており、将来的に伸びる可能性も秘めているため、投資対象としても魅力的である。

コインチェックのアカウント登録方法とその手順

さて、ここからは本題であるコインチェックのアカウント登録手順を解説していきます。今回はスマートフォンのスクリーンショットを元に解説しますが、パソコンで登録する場合も基本的に流れは同じなので、パソコンから登録する人も参考にしてみてください。

それでは、行ってみましょう!

1. 公式ホームページにアクセスする

コインチェックへの登録を始めるために、まずはコインチェックの公式ホームページにアクセスしましょう。以下のバナーから公式サイトに飛ぶことができます。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

2. メールアドレスとパスワードを入力する

公式ホームページにアクセスしたら、画面をスクロールして以下の画像のところまで行きましょう。

ここからユーザー登録を行います。赤い枠で囲ったところに、自分のメールアドレスと、好きなパスワードを入力してください。言うまでもないですが、お金に関わるものなので、なるべく予測されにくいパスワードにしてくださいね。

Facebookアカウントを持っている人の場合は、上部の「Facebook10秒登録」をタップすればより簡単に登録することもできます。今回はメールアドレスでの登録方法を解説していきますが、Facebookアカウントがある人はこちらで登録してしまっても良いでしょう。

3. メールアドレスの認証を行う

メールアドレスとパスワードを入力すると、こんな画面が表示されます。

画面に書かれている通り、先ほど入力したメールアドレスにコインチェックから確認メールが送られてきているはずなので、チェックしましょう。

筆者のように英語で送られてくる場合もあるかもしれませんが、慌てずに!

上の画像の、赤い枠で囲ったURLをクリックし、認証を完了させましょう。

※もしメールが届かない場合は、迷惑メールフォルダに割り振られている可能性があるので、ご確認を。それでも届いていないようなら、「メールをもう一度送る」から再度送信してみてください。

メールが送られてこない場合は、コインチェックのサイトに戻りメールを再送しましょう。

4. アカウントが登録されたことを確認する

認証メールに記載されたURLから以下の画面に飛ぶことができれば、アカウント登録は完了となります。

コインチェックで仮想通貨を買えるようにするために。電話番号登録の方法とその手順

コインチェックで仮想通貨の取引を行うためには、アカウントを登録するだけではダメです。電話番号登録や身分証提出などの本人確認を行う必要があります。ここでは、その手順を解説していきます。

1. 本人確認のページに移動する

先ほどの認証メールから飛んだ先のページは、コインチェックの公式サイトです。このサイトを少しスクロールすると、「本人確認書類を提出する」というボタンがあります。

赤い枠で囲ったところです。まずはこれをタップしましょう。

2. SMS認証を行う

本人確認書類の提出をする前に、電話番号認証を行う必要があります。

手順を説明するので、画像と照らし合わせながら進めてくださいね。

まず、①の赤い枠で囲った中にある入力フォームに、電話番号を入力しましょう。国内表記でも海外表記でも構わないので、入力し、「SMSを送信する」をタップします。

すると6桁のランダムな番号がショートメッセージで送られてくるので、今度はそれを②の赤い枠でかかったフォームに入力し、「認証する」をタップしましょう。

SMS参考画像

SMSが送られてこない場合は、「SMSを受信できない方はこちら」をタップ。飛んだ先のページで電話番号を登録すれば、手続きを進めることができます。

※ここまでの入力が完了すれば、50,000円までの取引が行えるようになります。つまり、仮想通貨を取引する最低限の準備は整ったことになります。

ただ、51,000円以上の取引を行う場合には、以下に説明する本人確認書類の提出が必要です。

仮想通貨トレードでしっかりと利益を上げていこうと思うなら、50,000円以下の取引では足りないはずです。いずれ登録する可能性が高いなら、今のうちに登録しておいた方が良いでしょう。

3. 個人情報を入力する

電話番号に続いて、個人情報を入力していきましょう。

あなたの身分証明書に書かれているのと同じ、指名性別住所を入力してください。

4. 身分証明書の写真をアップロードする

先ほど入力した情報が正しいということを証明するために、身分証明書とあなたが写った写真を用意し、アップロードしましょう。以下の画像を参考に、スマートフォンやパソコンで写真を撮影しましょう。

写真を撮る際には、以下のポイントに注意しましょう。

  • 画質(よほどひどくなければ問題ない)
  • きちんと顔がわかること(前髪で目が隠れる、マスクなどは避ける)
  • きちんと身分証明書の情報が確認できること(反射・指で隠れるのを避ける)

登録で身分証明書として利用できる書類は、以下の6種類です。

個人の方はいずれか1点(氏名、住所の記載があるものに限る)

(1)旅券(パスポート)

(2)在留カード

(3)特別永住者証明書

(4)外国人登録証明書(在留の資格が特別永住者又は永住者のものに限ります。)

(5)運転免許証等(裏面に住所の記載がある場合は、裏面も提出して下さい)

(6)官公庁や特殊法人等が発行した身分証明書で写真付のもの(写真付き住基カード等)

写真の提出方法は2通りあります。1つは、「ファイルを選択する」、もう1つは、「カメラを起動する」です。後者の方が、撮った写真をそのままアップロードできるので楽だと思います。パソコンでも、カメラ機能が付いているものであればそれが起動されるはずです。

また、顔が写った写真とは別に、身分証明書の表と裏の写真も必要になります。これも「ファイルを選択する」か、「カメラを起動する」かのどちらかを選んで、用意しましょう。

以上、3枚の身分証明書のアップロードが完了したら、「本人確認書類を提出する」をタップしてください。

もしかすると、「身分証明書の写真をネットに上げちゃって大丈夫?」と思う人もいるかもしれませんが、これについてはまったく問題ありません。仮想通貨取引所に限らず、ネットで投資を行うためには自分の顔写真と身分証明書の提出が必須条件となります。これから投資を行なっていこうと考えているみなさんには、ぜひ慣れてもらいたいステップです。

ちなみに、なぜ身分証明書の提示が必要なのかというと、マネーロンダリング(資金洗浄)などの不正行為を防ぐためです。むしろ身分証明書を提示することがあなたを様々なリスクから守っているので、安心して行なってくださいね。

5. 住所確認のためのハガキを待つ

本人確認を提出し、きちんとそれがコインチェックの規定に合っていると、数日以内(1〜2営業日以内)にコインチェックから所在地確認のためのハガキが送られてきます。

書留なので、この手紙を受け取った時点で、個人情報入力時にあなたが入力した情報が正しかったことがコインチェック側に伝わり、登録に関するすべての工程が完了したことになります。このハガキは返信不要なので、あなたが特別なアクションを起こす必要はありません。

これで仮想通貨トレードをするための全ての準備が整いました。さっそくメニューから「日本円の入金」を選択して入金を行い、好きな通貨を購入してみましょう!

まだ仮想通貨"ガチホ"してるの?
本物の投資を学びたいあなたにおすすめする
仮想通貨コミュニティ「ZIYUU」

仮想通貨の乱高下に疲れていませんか?200人の仲間たちと共に、ガチホやICOなどという”運任せ”ではない「本物の投資」を学びましょう。

仮想通貨コミュニティ「ZIYUU」なら、仮想通貨の値段が上がっても下がっても利益を出せる仮想通貨のトレードノウハウを学ぶことができます。