仮想通貨コミュニティ講師の加藤風也さんに聞く「投資で勝てる人に共通する4つの特徴」とは?

こんにちは、冬至です。

今回は「投資で利益を出せる人に共通する4つの特徴」について、仮想通貨トレーダー育成コミュニティ「ZIYUU」の主幹講師である加藤風也(かとうふうや)さんご協力のもと、動画付きでご紹介したいと思います!

「ZIYUUってなに?」という人は、以下の記事で詳細をチェックしてみてください。

今回はトレードマインドやメンタルの話が主になります。まったく初心者の人はもちろん、仮想通貨トレード駆け出しの人が読んでもタメになる内容だと思うので、ぜひ参考にしてみてください。

【動画】投資で利益を出せる人に共通する4つの特徴

倍速視聴のススメ

Youtubeには再生速度を速くする機能があるので、それを活用するのがおすすめです。

速度の使い分け方は、こんな感じがいいと思います。

  • 標準よりも遅い速度……スクリーンショットを取るとき
  • 1.25倍速……じっくり観たいけど時間効率も少し重視したいとき
  • 1.5倍速……じっくりと時間効率を両立したいとき
  • 2倍速……一回視聴したのでホワイトボードの内容だけ見られればOKなとき

多くの場合、内容をしっかりインプットできる限界の早さは「1.5倍速」となるので、基本的には1.25倍速か1.5倍速で観るのがいいでしょう。

2倍速だと、音声自体は聞き取れますが、人によっては話してる内容の処理が追いつかなくなります。「早口に慣れてる」という人は2倍速でもいいのではないでしょうか。

 投資で利益を出せる人に共通する4つの特徴まとめ

動画で加藤講師が紹介している4つの特徴について、用語解説を入れながらまとめていきます。

どの特徴も、投資をする上で非常に大切な技術や心構えなので、しっかりと理解しておきましょう。

ルールが明確(動画の0:00~1:46)

トレードで勝てる人は、ルールが明確で絶対にブレません。この後の話にもつながるのですが、要するに「トレードの根拠が、外から入ってくる情報や、感情によってブレない」という意味になるかと思います。

トレードの決断を感情にまかせると、気付けばギャンブルをしているのと同じ状況に……なんてことが、しばしば起こってしまいます。しっかりとブレない自分のルールに基づいてトレードをすることが非常に大切ですね。

さらに動画内で加藤講師はこんなこともいっています。

「テクニカルに決めたなら、ファンダメンタルの情報はいらない」

この言葉に「ドキッ」としてしまった投資家もいるのではないでしょうか。仮想通貨は乱高下市場なので、一見めちゃくちゃなチャートに見えるかもしれませんが、ダウ理論で説明がつく値動きがほとんどです。

ダウ理論とは?19世紀に活躍した金融ジャーナリスト、チャールズ・ダウが提唱した市場の値動きを評価する理論のこと。テクニカル分析の一種。

感情に流されたり、余計な情報を鵜呑みにせず、自分のルールで取引をすることが勝てるトレーダーに見られる特徴の1つであり、トレードで勝っていく上では非常に重要なマインドなのです。

投資は確率論だと分かっている(動画の1:47~3:25)

先ほど、投資とギャンブルは違うと話したばかりなので、「投資は確率論」と聞くと混乱するかもしれませんね。ただ、この考え方を理解をすれば、長い目で取引を見ることができるようになるので、安定した利益の獲得につなげられるでしょう。

投資は結果だけ見れば、得をするか損をするか、つまり勝つか負けるかのどちらかに大別されます。しかし、ほぼ運任せであるギャンブルとは違うことだけ理解しておきましょう。

肝心なのは「投資には勝率を上げるための方法がある」こと。

先ほど紹介した、確固たる自分のルールに基づいた利確、損切りなどの方法を使っていくことで、最終的には「勝つか負けるか分からない」投資の確率を「負けることもあるけど大体勝つ」くらいのイメージまで引き上げることができます。

天気予報を想像してみてください。天気予報は風向きや雲の量、気圧、湿度などなど、様々な事象のもと将来の天気を予測するわけですよね?

投資もそれと同じで、市場に起こってる様々な事象を正しく分析できれば、将来相場がどうなるのかをより正確に予測できるのです。

天気予報をギャンブル的に考えるなら、「2日連続で雨だったし、明日は晴れるだろう」とか、「去年は雪降らなかったし、今年も降らないだろう」といった感じになります。

この点において、ポーカーなどのギャンブルと、仮想通貨投資の区別は明確になります。

ただし、いくら自分のルールに従って取引をしたとしても、天気予報がたまに外れることがあるように、日で見ると負けることはあります。

負ける確率を徐々に減らしていく方法を身につけていけば、最終的には安定的に勝てるトレーダーになれると言えるでしょう。

取引回数が少ない(動画の3:26~5:14)

加藤講師によると、利益を出しているトレーダーがトレードする回数は多くても「15回前後/月」と、さほど多くありません。

というのも、相場の動きは秒単位で細かく変動するので、チャートに表示されるロウソク足の時間単位を短くすればするほど、激しく乱高下し予想することが難しくなってしまうのです。

実際、加藤さんが講師を務める仮想通貨コミュニティ「ZIYUU」のノウハウでは、最短でも5分足のチャートまでしか使いません。これが1時間足に伸びれば、さらに相場の動きを広い視点で捉えることができるので、1分足よりも次の動きを予想しやすくなります

ロウソク足の時間単位を長く取ることで、必然的に待ちの時間を多く過ごすことになります。この待ち時間が、安定した利益を上げるトレーダーにはとても大事な時間です。

次の相場を予想しやすい状況を作って、負ける確率が低い時に取引をする。そのためには、秒単位であくせくトレードをせずにじっくり待つ。そうすると、取引回数は減っていき、それに比例して負ける確率も下がってくることでしょう。

どっしりと、落ち着いたトレードを続けることが、安定した利益に繋がるんですね。

一喜一憂しない(動画の5:15~)

加藤講師も言っていますが、やっぱりこれが一番大事です。

自分のお金がかかっているので、利益を上げたときは嬉しいし、損をしたときは落ち込んでしまうのは当然の反応です。しかし、負けにいちいち落ち込んでいるようでは、勝てるトレーダーになるのは難しいでしょう。

先ほど説明したように、投資は確率論です。勝率100%の投資手法なんてものは、この世に存在しません。したがって「常に利益を出し続ける」なんてことは不可能ですし、どんなに利益を出しているトレーダーでも負ける日はあります。

負けたとしても「今日はついてなかったな」くらいの気持ちで損切りをして、次のトレードに向けて準備をした方が、利益的にもメンタル的にも建設的な行動だと言えますね。

逆に、勝ったときに喜びすぎるのも要注意です。もっと大きい利益を求めすぎて、なかなか利確できなかったりしたら、完全に感情に流されてしまっていると言ってよいでしょう。

トレードの際は感情を一切殺し、自分のルールを貫くスタイルが安定的に利益を上げられる人に共通する特徴です。

仮想通貨の相場が乱高下していても、感情まで乱高下させてはいけません。トレーダーは無の境地でチャートを眺められるようにしましょう。

まとめ

投資で安定的に利益を出せる人は「取引の際は平常心で自分のルールを貫く」という特徴があります。取引は確率論だと割り切り、フラットな精神でチャートを眺めることができれば、さらに安定的な利益が望めるでしょう。

念を押して言いますが、取引で最も大切なのは「一喜一憂しないこと」。

平常心を貫くことが、自分のルールに基づいた取引を可能にしてくれます。ぶれないメンタルで根拠を持ったトレードをすることができれば、自ずと結果はついてくるはずです。

トレードマインドやメンタルを強くしたいなら「ZIYUU」

今回の記事では一貫して「感情に左右されないことが大事」といってきましたが、一人孤独にやるのでは限界があります。

「ZIYUU」なら、すでに優位性の高い手法が知れるだけでなく、トレードにおけるメンタル維持やマインド作りなどを、現役のプロから学ぶことができます。

また「ZIYUU」の公式LINE@を登録すれば、「ZIYUU」の詳細や入会方法に関する情報が無料で受け取れます。こちらも合わせてぜひご参考下さい。

友だち追加

上のリンクから追加できない方は、LINEアプリを開き、「@kdt8863y」とID検索をかけてみてください(「@」を忘れずに)。

まだ仮想通貨"ガチホ"してるの?
本物の投資を学びたいあなたにおすすめする
仮想通貨コミュニティ「ZIYUU」

仮想通貨の乱高下に疲れていませんか?200人の仲間たちと共に、ガチホやICOなどという”運任せ”ではない「本物の投資」を学びましょう。

仮想通貨コミュニティ「ZIYUU」なら、仮想通貨の値段が上がっても下がっても利益を出せる仮想通貨のトレードノウハウを学ぶことができます。