仮想通貨について初心者向けに解説しました!

こんにちは。桜井です。

最近話題の仮想通貨。僕が大好きな、仮想通貨。

でも、「イマイチよく分からない」という人もいると思います。僕の友人の中には「suicaとどう違うん?」って人もいました。

そこで今回は、仮想通貨について学ぶ上で最低限、知っておきたいことについて書いていきたいと思います。

具体的には「法定通貨と電子マネーとの違い」「仮想通貨の入手方法」などが分かる内容になっています。「仮想通貨と電子マネーは一緒だと思ってた」「仮想通貨ってどこで買ったらいいの?」という人は、この記事で疑問が解決することでしょう。

3分もあれば読める内容となっていますので、ぜひ最後まで目を通してみてくださいね。

それでは、解説していきます!

仮想通貨とは?

仮想通貨とは、簡単に言えばインターネット上に存在する電子的な通貨のことです。

「仮想」を横文字にすると、「virtual(バーチャル)」。リアルの世界で使われる通貨と対をなすバーチャルな通貨という風に考えれば、わかりやすいかと思います。

ただ、仮想通貨(virtual currency)という呼び方は、世界的に見るとあまりメジャーなものではありません。世界的には「暗号通貨(cripto currency)」が一般的です。

どちらでも通じると思うので問題はありませんが、ここでは仮想通貨と暗号通貨が同じものを指す言葉であるということを覚えておきましょう。

仮想通貨の特徴

仮想通貨の特徴を知るには、日本円や米ドルなどの法定通貨と比較するとイメージが掴みやすいです。ここでは、仮想通貨と法定通貨がどのように違うのかを解説していきたいと思います。

1. 実物が存在しない

私たちが日頃から使っている「円」や、アメリカの通貨である「ドル」は、一般的に法定通貨と呼ばれます。

法定通貨には紙幣と硬貨という実態がありますが、仮想通貨はデータ上のお金なので当然実態がありません。

ではどのようにして使うのかというと、スマートフォンなどにウォレットと呼ばれるアプリケーションをダウンロードし、そこに入れて使います。ウォレットを日本語にすると「財布」。文字通りこのアプリケーションが仮想通貨の財布の役割を果たすのです。仮想通貨を保管するための機器もあります。

2. 管理者が存在しない

日本円や米ドルなどの法定通貨は、その国の中央銀行によって発行・管理されています。中央銀行は通貨の流通量(マネーサプライ)を意図的に変化させることで、金利や景気を調節しています。

一方、仮想通貨には中央機関などの特定の管理元が存在しません。では、まったく管理がされていないのかというと、もちろんそんなことはありません。仮想通貨を管理しているのは、その仮想通貨のネットワークに参加している全ての人たちです。世界中のいたるところで仮想通貨のやりとりがされている状態を、参加者がお互いに承認し合うことで管理がなされているのです。

3. 国に縛られない

法定通貨は国との結びつきが強いため、基本的にはその通貨が発行されている国でしか使うことができません。一方、仮想通貨は特定の管理者を持たないため、どこの国に行っても使うことができます(もちろん、使おうとしている店舗やサービスなどが仮想通貨に対応していればですが)。

国際送金の手数料も格段に安くなるため、海外にいる家族にお金を送るときもほとんど元の額のまま送金することができます。

4. 価値の裏付けがない

仮想通貨には価値の裏付けがありません。法定通貨は国の保証が価値の裏付けになっていますが、仮想通貨には国の保証はもちろん、過去の日本円のような貴金属とのリンクもありません。

仮想通貨の価値はあくまで人々の信用によって決まり、需給バランスによって価格が変動するのです。

仮想通貨の値段については、当ブログに詳しく書いてみた記事があるので、興味がある人はこちらにも目を通してみてください。

電子マネーとの違い

仮想通貨という響きだけ聞くと、すでに日本で広く普及しているsuica、nanacoなどといった電子マネーをイメージしてしまう人もいると思います。しかし、仮想通貨と電子マネーはまったく別物です。ここではその違いについて説明してみたいと思います。

1. チャージをするのではなく、両替する

電子マネーはICカードにチャージして使いますが、仮想通貨は取引所の口座に入金し、それを欲しい通貨に両替することで使えるようになります。当然、日本円に戻したければ再度両替を行うことも可能です。この点が、チャージという不可逆的な使い方しかできない電子マネーと大きく異なっています。

2. 海外でも使える

日本の電子マネーは海外で使うことができません。これは電子マネーの中心的な管理元が国内にあるためでもあり、電子マネーが円と強い結びつきを持っているからでもあります(日本において、電子マネーはあくまで円の代替手段)。

しかし仮想通貨の場合は、上述した通り中心的な発行元が存在せず、通貨の単位も独自のもの(ビットコインならBTC)になっているため、国境による影響を受けません。その仮想通貨に対応している施設であれば、日本だろうとアメリカだろうと同じように使うことができます。

仮想通貨の種類

仮想通貨というと多くの人がビットコインのことを思い浮かべるかと思います。しかし、ビットコインは数ある仮想通貨の中の一種にすぎません。知名度が圧倒的なため、ビットコインばかりが注目を集めますが、実は世の中には1,000を優に超える仮想通貨があるのです。

仮想通貨の時価総額ランキング(2017年9月11日時点) image by CryptoCurrency Market Capitalizations

とはいえ、私たちが仮想通貨を取り扱う場合、主に日本の取引所を利用することになるので、多くて10〜20くらいの通貨しか取り扱うことができません。後述しますが、日本で一番取り扱える通貨数が多い取引所であるcoincheckでも、売買できる通貨は13種類です。

取り扱える通貨数が少ないのはむしろ安全!

1,000以上もある仮想通貨の中には、流動性が低いもの(換金や売買が行いたくてもスムースにできないもの)や詐欺まがいのものも存在します。

こういったものを掴んでしまうリスクを考えると、日本の取引所のように、多くても十数種類しか取り扱うことができないというのは初心者にとっては良いのかもしれません。coincheckなどの日本の取引所で取り扱える通貨は、時価総額ランキングの上位にランクインする、流動性・信頼性が共に高い通貨だけです。

仮想通貨と投資

仮想通貨はその価値が変動するので、現物売買やトレード、将来的な高騰を狙った投資の対象としても注目されています。

仮想通貨の代表格であるビットコインは、2012年には1BTC=1,600円ほどの価値しかありませんでしたが、この記事の執筆時点(2017年9月時点)では1BTC=47万円近くまで価値が上昇しています。

ビットコインの価格の推移

単純計算で、わずか5年で280倍です。世の中にはさまざまな金融商品が存在しますが、この短期間でここまで価格が上昇するものは他にはありません。

2018年には「1BTC=100万円超える」と予想する専門家もいるくらいです。この大きな価格の上昇が、ビットコインを始めとする仮想通貨に投資する一番の魅力だと言えるでしょう。

ただ、このような急上昇はいつまでも起こるわけではありません。いつかは必ず頭打ちになる時が来るでしょうし、それよりも早く、ビットコインに代わる通貨が現れ、ビットコインの価値が相対的に下がるということもあるかもしれません。

仮想通貨について書かれた書籍やwebサイトを見ると、しばしば「仮想通貨に投資するなら今がチャンス」などといったことが挙げられますが、その言葉の本質はこういったところにあるのです。

仮想通貨はどうやって手に入れるの?

この記事を読んでいる人の中には、自分も仮想通貨が欲しいと思っている人がいるかもしれません。仮想通貨を手に入れる方法は、大きく分けて3つあります。

  1. 買う(両替する)
  2. もらう
  3. 承認作業に参加する(マイニング)

1. 買う(両替する)

もっともオーソドックスな入手方法です。法定通貨と同じように、仮想通貨も買って(両替して)入手することができます。具体的な方法については後述します。

2. もらう

仮想通貨は指定の口座に送金することができます。

法定通貨と同じように価値がある仮想通貨をタダでくれる人はいないと思いますが、何か現実世界のものと交換で受け取ったり、集金の際に受け取ったり、という機会は今後増えて来るのではないかと思います。

3. 承認作業に参加する(マイニング)

上で仮想通貨は参加者が承認し合うことで管理されていると書きました。マイニングとは、この承認作業を指す言葉です。マイニングはタダで行うわけではなく、参加すると報酬として通貨が貰える仕組みになっています。

承認作業に必要なものは通貨によりけりなのですが、いま最も主流なのは、マシンパワーを要するタイプの仮想通貨です。

マシンパワーが高ければ高いほどマイニング競争で有利になり、より報酬がもらいやすくなる、そんな仕組みになっています。この方式は、ビットコインやライトコインなどが採用しています。

「なんか思ったよりも簡単そうだし、やってみようかな」と思う人もいるかもしれませんが、現状、マイニングに参加するのはとてもハードルが高いです。

ビットコインやイーサリアムなんかの主要通貨をマイニングしている人たちは、もはや「工場」と呼べるマイニング施設を囲っているので、ちゃんと稼げるレベルの報酬を貰おうと思ったら莫大なコストが必要になります。

まとめ

今回は初心者向けに仮想通貨のことを解説してみました。初心者向けということで、「法定通貨との違い」、よく勘違いされがちな「電子マネーとの違い」、そして「仮想通貨の手に入れ方」の3つに焦点を絞った内容となりました。

とりあえず初心者の人は、以下の3点を抑えてください。

  • 仮想通貨は仮想通貨を取引している全員が管理していること
  • 仮想通貨と電子マネーは全く別物であること
  • 仮想通貨は取引所で買うのが一番の近道であること

これらを抑えたなら、仮想通貨トレーダーへの道を歩み始めたと言ってもよいでしょう。

ところで今、世界中の投資家や技術者たちが、仮想通貨に可能性に注目しています。その理由には、ブロックチェーンやマイニングに関することなど、技術的なことが深く関わってきたりするのですが、これについて掘り下げると趣旨と外れてしまうので今回は省きました。

とはいえ、技術的な部分は仮想通貨の根幹にあたることですし、その概要だけでも勉強してみて損はないでしょう。なぜなら概要だけでも、世界中の専門家が仮想通貨に注目している理由の一端に触れることができるからです。

応用を効かせれば、「仮想通貨ごとに特性がどのように違うのか」とか、「なぜこの仮想通貨は注目されているのか」とかも理解できるようになりますし、地味にトレードするときの判断材料になったりもします。この場合は損はないどころか、得をすることになりますね。

人によっては投資対象のことを全然知らなくても平気らしいですが、そんな「宙ぶらりん」の状態が好きじゃないって人も多いと思います。そういった人たちは次のステップとして、「ブロックチェーン」の簡単な仕組みを知ってみるのも良いでしょう。

このブログでも、気が向いたらブロックチェーンに関する記事を用意しようと思います。

それでは、また!


Warning: extract() expects parameter 1 to be array, string given in /home/factorfactor/kasotsuka.org/public_html/wp-content/themes/simplicity2/lib/custom-cta.php on line 103